PROFILE


Tetsushi Hiroyama

 

1978年6月。誕生。双子の弟、廣山陽介と「RYUKYUDISKO」を結成。

2004年6月。石野卓球が主宰するレーベル「Platik」からミニアルバム「LEQUIO DISK」でデビュー。

2005年3月。ファースト・フル・アルバム「RYUKYUDISK O TECH」リリース。

2006年1月。北海道から沖縄まで、初の全国ツアーを敢行。

2006年7月。セカンド・アルバム「PEEKAN」リリース。さらにアジア各国へのツアーに加え、ヨーロッパでのライブも果たす。

2007年8月。サード・アルバム「INSULARHYTHM」とレア音源集「R3」を2枚同時リリース。

2009年9月。通算4枚目となるオリジナル・アルバム「pleasure」をリリース。

2010年9月。テクノカバーバンド「TOQUIO LEQUIO TEQUNOS」をクボタマサヒコ、カトウタロウ、マシータらと共に結成。

2011年1月。沖縄の伝統音楽とダンス・ミュージックをつなぐレーベル「RAKUEN RECORDS」を設立。

2011年6月。キャリア初のミックスCD「Souvenir from RAKUEN」リリース。

2012年6月。ソロプロジェクト、三つ星の鼓動「ORIONBEATS」、2枚組アルバム「AWESOME BEATS」リリース。

2013年6月。デビュー10周年を迎えたRYUKYUDISKO。5枚目のオリジナル・アルバム「TEN TO TEN」リリース。

2013年12月。RYUKYUDISKO、ベスト・アルバム「LEQUIO BEST – Platik Playlist -」リリース。

2014年8月。YAMATO(ORANGE RANGE)、TAKASHI(MONGOL800)、SEIJI(MANAGER)らと共にバンド「NEENEE(ニーニー)」を結成。アルバム「N1」リリース。

2015年7月。ORIONBEATS、セカンド・アルバム「ETHNIC DANCE MUSIC」リリース。

2015年12月。RYUKYUDISKO、7枚目となるアルバム「AUN NO SHIRABE」発表。

2016年10月。「第6回世界のウチナーンチュ大会」グランドフィナーレにて、DJとしては初の出演を果たす。

 

www.rakuen-records.com/tetsushi